子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」/サマーキャンプ
〜無人島への、遠征キャンプ!!亜熱帯の自然で、子ども達だけの力でやりきるチャレンジ!〜

主 催:『アドベンチャーキッズスクール』実行委員会
後 援:大阪府、大阪府教育委員会、枚方市教育委員会、京田辺市教育委員会、京都市教育委員会
主 管:パワーズ・アウトドアエデュケーション
※ただ今プログラム中。活動の様子をリアルタイムで公開中。
 
※更新予定       1日目(24:00)       2日目      3日目   4日目   5日目(24:00)   6日目(24:00)  7日目
  

  
   
活動の様子
1日目
さぁ、沖縄無人島キャンプが始まりました。 今日は移動の一日。 さぁ、どんな無人島生活が待っているのでしょうか。
装備や荷物の積み込みもみんなでやろう。 無人島での生活もそう。みんなでやれば一人でやるより楽しさも広がりも倍以上になるはず。 今日の宿泊場所に到着。ヤギがお出迎え。
目の前が海。もちろん行ってみる。 サンゴがおちてた。無人島にも落ちてるかなぁ〜。 宿のおばぁに元気に挨拶。
やっと移動が終わり、ほっと一安心。 夕食は、予行練習。 無人島での食事は、もちろん自分達で作ります。
調理器具の使い方やご飯の炊き方、味噌汁の作り方。料理の基本をおさらいです。 夕食もたべ、後片付けを終えて。 無人島遠征計画。でも、今日は朝早かったからもう眠い・・・。4/5考えて、あとは、明日考えるそうです。


1日目無事終了しております。

只今就寝中(22:30)


現在の天気:晴れ

2日目
2日目、朝からごはんも食べずに無人島遠征計画中。 そして、計画をすすめるために、今日は買い出しに出かけます。 お店の前のシーサー。沖縄らしい。
まずは、スーパーへ。自分たちの決めたリストによって、買い忘れがないように買い出します。 次はホームセンター。 最後は、釣具屋さんへ。みんな、忘れ物はないかな・・・。
そして、いよいよ、フェリーに乗って離島へ出発です。今日は波が高く、みんなダウン。 離島について一安心。 お宿のおばあが、おいしい沖縄のおやつを用意してくれていました。
おいしいおやつでほっこりしたら、すぐに無人島遠征準備。 全体装備に、買い出した道具、自分の荷物のパッキングをします。 シャワーの間に、夕食作り。
準備の合間に、ついつい危険生物の本を熟読中。 お世話になったお宿のおばあの家に、子どもたちは、興味津々。 築100年。玄関がない!!すごい。タイムスリップしたみたい。
子どもたちは、無人島だけでなく、沖縄の文化にも触れてみたい。自分で世界を広げる楽しさを知っています。 夕ご飯を食べるのも忘れて、無人島遠征準備。あれっ今日2度目?! 自分の荷物のパッキング。無人島へ持って行く荷物とおいていく荷物に分けます。全部自分で準備。大人はとやかく言いません。
自分たちの無人島生活。自分たちの思い描く無人島生活になるのか、どうなのか。自分たちで決めていい自由なかわりに、自分たちで決める結果に責任も持たなくてはなりません。 遅い夕食を食べながら、危険生物談義。さぁ、いよいよ明日無人島へ渡ります。


2日目無事終了しております。

只今就寝中(22:00)


現在の天気:晴れ

ホームページの更新について

無人島遠征中は、
パソコン携行できませんので、
無人島遠征中の報告ページの
更新は6日の夜に更新予定です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

3日目
無人島遠征の朝。 荷物を車に積み込み、無人島へ渡る船にのるため、港へ出発。
船に装備、荷物を積み込み。いよいよ出発です。
無人島到着。
子ども達の無人島生活スタートです。 どんな無人島生活になるのでしょうか。
ベースは風をさけるため、森の中。 今日は、釣りで、食料をゲットするそうです。 自作のテーブルも完成。
幸先のよいスタート。釣りは順調です。
アーサー(アオサ)とり。
只今午後3時。遅めの昼食。
夕暮れ前に、夕食の魚を捕りに行きます。冷蔵庫がないので、いけすで生かしておいたそうです。 潮がひいた岩場に食べられる貝を発見。
無人島初日の夕食は、無事食べることが出来ました。
4日目
無人島遠征2日目朝。子どもたちは、日の出とともに目を覚ましました。 今日も朝から釣りへ出かけます。
しかけもセット。ウツボがとれたらいいなぁ。
アーサーとりも忘れません。
せっかく無人島に来たのだからと、海に入る。 水が冷たい!
物干しロープも作り、自分達の居住空間を作っていきます。 アーサーの佃煮作成中。
夕方、貝殻拾いもかねて、島の東側へ。
貝殻拾いから戻り、いけすに入れておいた魚を引き上げると、網が何者かにかまれて穴が開き、十数匹の魚がすべて逃げてしまっていました。夕食が・・・。 スタッフが捕まえたタコ。困ったときはお互い様、お裾分けです。
5日目
無人島遠征3日目朝。 釣りの餌を全部使ってしまい、どうしようかと思いましたが、貝をつぶして、餌にします。
6日目
無人島遠征4日目朝。
無人島とお別れ。
沖縄国際ユースホステル到着。

無人島遠征、無事終了しております


只今、就寝中(21:15)


現在の天気:曇り


7日目
さて、最終日。今日は、みんなで首里城におでかけ。 昨日までとは、全く違う時間の流れです。 そして、無人島に行く前とは違う自分達もいます。
頑張った場所だからこそ、 苦労や苦しさを乗り越えた場所だからこそ、 何だか、沖縄が、今までよりも愛おしく、近くに感じているよう。
終わったという到達感と、 もう、終わってしまうという少し残念な気持ちとが入り混じった、 心地の良い時間の流れです。
なんだこれは???自分の街との違いもおもしろくなってきたころ、 さぁ、最後に、みんなを待っている人たちにおみやげを買ってかえろう! 迷って、迷って、いろんなものを買ってしまいましたが、
それは、全て、家族の顔や、友達の顔を想像してのこと。そんな気持ちも大事なこと。 さぁ、あっというまに沖縄を離れる時間がやってきて、 あっという間に関西へ戻ってきました。なぜか、帰りは早く感じる。それも、自分に変化があったんじゃぁない?
いつものマイクロバスがお出迎え。ただいまー!! バスのなかでは、仲間との最後の時間。無人島のことをぽつりぽつり話したり、みんなで大合唱したり、みんなでいけない話をしたり。まだまだ、子ども達の時間が続くかのようです。 ただいまー!!子ども達の無人島キャンプのおしまい。意気揚々の子ども達。それもそうです。本当に、大人が全く手をつけない子ども達の無人島生活。色んなことがあっても、それを自分達で乗り越えてきたことは自分たち自身が一番知っています。子ども達がどんな話をし、どんなプロセスでハプニングや問題を乗り越えていったのか、大人達は知る由もありません。大人が、全く、知らなくていいこともあっていいと思います。それが、子ども時代の大きな財産のような気がします。こんな機会が、子ども達が未来へ、大人になることへ、たゆまないあこがれを持って、自分自身の可能性を試していけるきっかけになればと考えています。7日間本当にお疲れさまでした。保護者の皆様もありがとうございました。
 | HOME | プログラム活動報告通年コースこれからのプログラム | アドベンチャーキッズスクール


お問合せ  TEL 072-854-2681
info-powers@office.nifty.jp
Copyright (C) 2002-2017 POWERs OutdoorEducation. All right reserved.
子どものための自然体験学校「アドベンチャーキッズスクール」® シーズンプロジェクト
春休み自然体験プログラム 「沖縄無人島キャンプ!」
大阪府枚方市茄子作1丁目41番23号
大阪府知事登録旅行業第2-2510号